疾患別漢方治療

【神経系疾患】

自律神経のしくみ
不眠症と漢方薬
自律神経失調症とは
自律神経失調症「様々な症状」
めまい
耳鳴り
耳鳴り②

【婦人科系疾患】

漢方薬で妊娠力アップ!! 多のう胞性卵巣症候群
子宮内膜症
月経困難症・月経痛
漢方周期調整法
婦宝当帰膠 Q&A

更年期障害
母乳の詰まり・乳腺炎
便秘
冷えに効く漢方薬

イスクラ婦宝当帰膠

【男性不妊】

①<はじめに>
②<受精のしくみ>

【皮膚・呼吸器系疾患】


子供の漢方
皮膚病・アトピー①
喘息
風邪の後の咳
かかと”カサカサ”
皮膚病の漢方治療
皮膚病治療の漢方薬.その1

【循環器・生活習慣病】

高血圧①
認知症
脳をいつまでも若々しく保つ
心筋梗塞・脳梗塞
糖尿病の民間療法

【その他疾患】

三叉神経痛
頭痛に効く漢方薬
帯状疱疹
帯状疱疹後神経痛(PHN)
逆流性食道炎
抜け毛

みなみ野漢方ブログ

ブログ

多摩中医薬研究会

漢方基礎講座
はじめに
漢方薬とは
漢方基礎理論…整体観
陰陽について
気・血・津液・精
気血津液精②
血について
水について
店舗案内

地図拡大
Googleマップで確認
八王子市西片倉2-12-12
営業時間/10時~19時
定休日/水曜・第一日曜
電話/042-638-8860
店内写真
ココログにもアルバムを作成いたしました。
薬局情報・薬剤師プロフィール
最寄駅時刻表
バス時刻表
個人情報保護について
特定商取引法

OTHERS

取扱商品
五臓チェック
漢方体験.com
漢方薬の安全性について
English
漢方処方に良く使用される生薬一覧

information

・漢方(中医学)を学びたい方へおすすめの書籍

多摩ブログ店舗一覧作成中

漢方の基礎理論に基づいた相談

 みなみ野漢方薬局では、一人ひとりお時間をいただき、お悩みの症状・体質などを詳しく・丁寧にお伺い致しております。それは、同じ病名でも、その方の体質や生活習慣など様々な要因によって症状の起こりに違いがあるためで、症状や状態・体質の総合的な分析により漢方薬を選ばなければ効果が得られないためです。

的確な処方の選定

 病状・症状が現れるのはからだのバランスの乱れによって訴えるサイン(反応)であり、その訴え方によって身体がどのように乱れているのかを判断するのが漢方医学の最大の特徴です
 当店では、中医学の理論と経験に基づき、一人ひとりに合った漢方薬を調合・選択いたしております。

効き目を左右する漢方薬

 当店で使用している漢方薬の種類は、土瓶で煎じる『煎じ薬』、持ち運び便利な粉末タイプの『エキス剤』、手軽に始められる『丸薬・シロップ剤・錠剤』などがあります。  おすすめしている漢方薬は『煎じ薬』ですが、その方のライフスタイルやご予算に応じ適切な漢方薬をお選びいたしますので、お気軽にご相談ください。

継続した相談でアフターフォロー

 漢方治療は、服用している間の体調や症状の変化、季節・気候の変化によっても漢方薬の内容を変えていくことがあります。その為、繰り返しご相談をすることで、より良い体調・体質作りをサポートいたします。

漢方相談の流れ

相談予約

 日によって相談が立て込むことで、お待ちいただくことがありますのでご来店前に相談の空き時間の確認ができますのでご連絡ください。

 相談予約・漢方のお問合せ
  042-638-8860
 営業時間/10時~19時 定休日/毎週水曜・第一日曜・その他
 ※初回相談受付時間;10時~18時
 (初めてのご相談の方は18時までにご来店ください

相談準備

 ご相談前の準備として、現在服用中のお薬又はお薬手帳をご持参下さい。
 婦人科のご相談の場合、基礎体温表をお持ちの方はそちらもお願いいたします。

漢方相談・健康相談

 お悩みの現在の症状・今までの経過、体質等を詳しくお伺いします。その情報は「健康相談カード」へ記入し管理いたします。
 (個人情報保護法について

問診票

舌診表

漢方診断

 漢方における診断(弁証)を五臓表を使用して解りやすくご説明いたします。
 漢方薬の調合日数は14日を目安にしておりますが、1日分からでも調合できます。 

漢方調剤

 お話した治療方針により、煎じ薬又は粉薬を調合いたします。

生薬ボトル棚

エキスボトル棚

漢方煎じ薬

人体は小宇宙

 私たちのからだのしくみは、脳という指令室、神経系と呼ばれる情報伝達網、からだを形作る骨、柔軟な動きや力を生み出す筋肉、栄養やホルモン・情報を運ぶ血管とそこに流れる血液、そしてからだを構成する心臓、肝臓、腎臓、胃、肺などの臓器からできています。各々、複雑で緻密な働きを持っていますが、その働きは、他の働きとの連携が行われることで活かされています。

 漢方では、これらの連携によってお互いに依存・抑制・向上・制約などを行っていることから、からだを1つの統一体として考えています。また、人間も植物も他の生き物、自然界に存在しうるものすべて、生命活動を維持するうえでお互いに密接な関係を持っています。つまり、地球環境さらには宇宙環境があって生命活動が維持されていると言えるのです。

(続きを読む)

お客様から頂く当店のイメージ・ご意見

・店内はとてもきれいで、個別の相談席があるのでゆっくり相談できました。
・始めは入りにくかったのですが、相談して”来てよかった”と思いました。
・知っていればもっと早く相談に来ていた。
・漢方のことを聞いたらなんでも解りやすく答えてくれる。
・服用している西洋薬(病院処方薬)についても、解りやすく説明してくれる。
・家族そろってお世話になっています。
・数日分でも調合していただけるので助かります。
・健康のこと以外でもなんでも親身になって相談に乗ってくれる
・アドバイスが的確で助かります。

皮膚病の漢方治療

 皮膚病は、皮膚表面だけの問題でなく、からだの内側(体質)が原因している割合が多いので、からだの内側から改善することのできる”漢方薬”は、皮膚病の治療・改善にとても有効です。 お気軽にご相談ください。

 店主ブログ;http://minamino-kanpou.cocolog-nifty.com/blog/

 誰にでもわかりやすく、健康情報や漢方知識・情報を公開しています。
 漢方の知恵には、健康を維持するための秘訣が満載。
 皆様の健康に役立つブログを目指していますので、ご意見やご質問をどんどん お聞かせ下さい。
(メールアドレス;mail@minamino-kanpou.com

 五臓の乱れを簡単チェック!!

 漢方では、身体の不調である症状から五臓(肝・心・脾・肺・腎)のどこが弱っているのか、働きが乱れているのかを診断します。(臓腑弁証)
自分の思い当たる症状が多く当てはまる五臓に問題があると考えられます。漢方はその乱れを整える働きがあります、お悩みの方はお気軽にご相談ください。


(クリックで拡大)
営業カレンダー
7 JULY
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日
8 AUGUST
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日
最近のブログ
最新のブログチェック

婦宝当帰膠で暖まろう!!
「実」と「虚」の見分け方
インフルエンザ流行!?
二日酔いの予防と対策に漢方薬
オーストラリアのお土産
犬吉
漢方処方の組み合わせ
そろそろ板藍シーズン!!
自分に合った漢方薬
バックナンバー
リンク

日本中医薬研究会
多摩中医薬研究会
多摩中医薬研究会ブログ
漢方体験,com
<厚労省>
インフルエンザ対策
熱中症関連

 
Home / Shop info / Blog / F&Q