店舗案内

地図拡大
Googleマップで確認

八王子市西片倉2-12-12
営業時間/10時〜19時
定休日/水曜・第一日曜
電話/042-638-8860
店内写真

薬局情報・薬剤師プロフィール
最寄駅時刻表
バス時刻表
個人情報保護について
特定商取引法

OTHERS
取扱商品
五臓チェック
メンバーログイン
漢方体験.com
漢方薬の安全性について
English

相談にはどれくらい時間がかかりますか?

 初めての方は、40分〜60分かかります(調剤時間を含め)ので、お時間に余裕をもってご来店ください★初めてのご相談の方へ★
ご来店前に、ご相談の予約をお願いいたします。日によって立て込む場合がございますので、ご来店前5分前でもかまいませんご一報ください

相談は、本人でないとだめですか?

 ご本人の直接のご来店が難しい場合には、代理の方でもかまいませんが、ご来店時にご本人からもお電話にてご様子をお伺いできれば幸いです。

漢方を調合していただくのに処方箋は必要ですか?

 必要ありません。当店の漢方薬は保険調剤ではありませんので、直接ご相談いただき漢方薬をお渡しいたします。

漢方の値段を教えて下さい

 漢方薬には、煎じ薬・粉薬・丸薬・シロップ剤・錠剤等様々な種類があります。それぞれの目安価格は、
 ・煎じ薬;1日分 600円〜800円
 ・粉 薬;1日分  500円前後
 ・丸 薬;15日分 3000円〜
 ・シロップ剤;1カ月分 5000円〜
 ・錠 剤;15日分 4000〜   (※すべて税抜き)
どの漢方薬を服用するかは、ご相談の上ご提案させていただいております。煎じ薬・粉薬の調剤日数は、通常14日間でお渡ししております。

相談料はいくらかかりますか?

漢方薬を調合・購入される場合は相談料・カウンセリング料は頂いておりません。
☆相談のみ(話を聞きたい)の場合は時間は15分間です。☆

漢方薬はどれくらい服用を続けないといけないのですか?

 服用期間の目安は、慢性疾患の場合4カ月〜半年を目安に始めていただきます。

漢方薬は、何日目くらいから効き目があらわれますか?

 漢方薬の効果は、服用して30分後位にはあらわれます。しかし、その変化は、身体が暖かく感じる・気持ちが楽になる・身体の緊張がほぐれるなどのちょっとした自覚症状の変化です。痛みが止まる・眠くなる・かゆみが止まるなど急激で大きな変化ではありません。

漢方薬と西洋薬の併用はできますか?

 大抵のお薬は問題ありません。西洋薬を服用中の方は、併用可能かどうか確認いたしますのでお薬手帳をご持参下さい。念のため、主治医にもご相談してみましょう。

漢方薬と西洋薬の違いは何ですか?

 大きな違いは、西洋薬は病状を軽くしたり楽にしたり、数値を安定させることに優れています。一方、漢方薬は病状・症状を引き起こしている体調を整え、身体のバランスを整える働きに優れています。
 漢方薬・西洋薬を上手に使い分けて健康を維持しましょう。

漢方薬に副作用はありますか?

 漢方薬も多くはありませんが副作用は起こることがあります。
 よくある副作用としては、胃腸障害(食欲不振・便秘・下痢等)、むくみ、湿疹などですが。原因となっている漢方薬の服用を中止すればすぐに治ります。
 通常、漢方薬はしっかりとした相談のもと、体質や病状に合ったものを服用いただくものなので、副作用に対して過剰に心配されなくても大丈夫です

漢方薬が良く効く疾患はあるのですか?

 漢方治療の得意とするものは、「自律神経失調症」「更年期障害」「不安神経症」「軽度うつ症」「胃腸障害」、その他「痛み」「排尿異常」「肥満症」「皮膚病」「アトピー性皮膚炎」「アレルギー」「虚弱体質改善」「加齢に伴う諸症状の改善」など、検査値等の改善を目標とする疾患でなく、

”自覚症状の改善”

をもっとも得意としています。

妊娠中・授乳中は漢方薬であれば服用できますか?

 妊娠中・授乳中でも服用できない漢方薬がありますので、必ず漢方に精通した医師・薬剤師にご確認ください。

その他、漢方に関するご質問・ご意見・疑問がありましたらお電話・メールにて受け付けております。

電話:042-638-8860
(午前10時〜午後6時)
メール;mail@minamino-kanpou.com

リンク
日本中医薬研究会
多摩中医薬研究会
漢方体験,com

<厚労省>

インフルエンザ対策
熱中症関連
Home / Shop info / Blog / F&Q