店舗案内

地図拡大
Googleマップで確認
八王子市西片倉2-12-12
営業時間/10時~19時
定休日/水曜・第一日曜
電話/042-638-8860

店内写真

薬局情報・薬剤師プロフィール
最寄駅時刻表
バス時刻表
個人情報保護について
特定商取引法
OTHERS
取扱商品
五臓チェック
メンバーログイン
漢方体験.com
漢方薬の安全性について
English
人体は小宇宙

 私たちのからだのしくみは、脳という指令室、神経系と呼ばれる情報伝達網、からだを形作る骨、柔軟な動きや力を生み出す筋肉、栄養やホルモン・情報を運ぶ血管とそこに流れる血液、そしてからだを構成する心臓、肝臓、腎臓、胃、肺などの臓器からできています。各々、複雑で緻密な働きを持っていますが、その働きは、他の働きとの連携が行われることで活かされています。

 漢方では、これらの連携によってお互いに依存・抑制・向上・制約などを行っていることから、からだを1つの統一体として考えています。また、人間も植物も他の生き物、自然界に存在しうるものすべて、生命活動を維持するうえでお互いに密接な関係を持っています。つまり、地球環境さらには宇宙環境があって生命活動が維持されていると言えるのです。

陰陽学説

 漢方の基本は古代の中国哲学です。この中では、世の中に存在するすべてのものは「陰」と「陽」の対立する性質を持つ2種に分けることができるという考えで、『陰陽学説』と呼ばれます。
 陰陽は対立するものですが、お互いに相手なしには存在できず、相互に依存しているのです。そして、陰陽は絶えず増減し、一方がある一定の段階になると反対の方向に転じるとされています


病人と健康人

 からだは通常、様々な変化やストレス(負荷)に対応できるようになっていますが、その変化が大きすぎたり、強くなりすぎたり、一方向だけの時間が長くなることで陰陽均衡を保つ働きに支障をきたしてきます。そうなると、からだはそれを回避するために様々な信号を送り警告してきます。

 その信号の例として「疲れやすい・眠れない・食欲低下・肩こり」などです。
からだにとって不快な症状として現れてきていても特定の病名がつかない状態のことを『未病』『半病人』『半健康人』と呼んでいます。

自然治癒力を高める漢方療法

 この陰陽均衡を保とうとする働きを現代医学では『恒常性の維持(ホメオスタシス)』『自然治癒力』と呼んでいます。そして、その働きは「ホルモン系」「自律神経系」「免疫系」の相互作用によって維持されているのです。
 
 漢方医学の最大の特徴は、陰陽のバランスを整え『自然治癒力』を高めることで、自ら症状を改善し、繰り返し起こらない様に予防する療法であるということです。

養生が大切

 漢方療法によって、バランスが整った状態でもバランスを崩すもとになっている生活習慣が改善されなければ意味がありません。
 特に、食事のリズムや内容、睡眠リズムや時間は健康維持・改善のためにはとても大切な要素ですので大きく乱れないように『養生』を心掛けましょう。
 
ウェブページ
店舗情報
健康ブログ
良くある質問
ホーム
リンク
日本中医薬研究会
多摩中医薬研究会
Home / Shop info / Blog / F&Q