店舗案内

地図拡大
Googleマップで確認
八王子市西片倉2-12-12
営業時間/10時~19時
定休日/水曜・第一日曜
電話/042-638-8860

店内写真

薬局情報・薬剤師プロフィール
最寄駅時刻表
バス時刻表
個人情報保護について
特定商取引法

 皮膚病の中医学

 中国古来より皮膚病は「瘡瘍(そうよう)」と総称され、外科疾患の一つとして扱われてきましたが、その分類や命名に関しては文献により異なっていることもあります。
 漢方での皮膚病治療の特徴は、病名にこだわるのではなく、症状の特徴・全身的な状態を総合的に判断して治療をする随証治療(=漢方治療=総合医療)です。
 また、『内に病あれば、必ず外にあらわれる』と中医学では考えますので、皮膚病を表面的な病状としてではなく、全身的な病態であると認識することが大切です

 皮膚病の原因と治療の基本的考えかた

中医学では、病気の原因を大きく
  ①内因(体質素因・精神的素因)
  ②外因(生活素因・自然素因)
  ③物理的産物(気滞・血瘀・痰飲・水腫)
にわけて考えています。
②外因と③病理的産物をまとめて「病邪」と呼んでいます。
 この病邪はどんなものがどのようにして発生し、影響を及ぼしているのかを判断することが大切で、それらを取り除く事が大切です。(症状の改善)
しかし、「外因は内因を通じてはじめて発現する」とされているため、外因は単なるきっかけにすぎず内因が根本的な病変の原因と考えますので、病邪の再発生を防ぐためにも、内因の改善(体質改善)が必要です。

 タイプ別皮膚病の特徴(病邪別症状の特徴)

 病邪は様々な種類がありますが、皮膚病においては4つの病邪が単独或いは混在して発生することが多いのです。それぞれの特徴をご紹介いたしましょう。

乾燥やかゆみ---
風(ふう)タイプ

 風タイプは自然界の「風邪(ふうじゃ)」が身体に入り込み、皮膚を乾燥させバリア機能の低下により、ホコリや花粉などの物質からの刺激を受けやすくなった結果。かゆみや赤みなどの初期症状があらわれやすくなります。
 このタイプは「春」に悪化しやすく、かゆみが現れたり消えたり、場所が移動したりと春風の様に変化が激しいのが特徴です。
 【症状の特徴】
・かゆみがある
・症状の変化が多い
・上半身に症状が出やすい
・春(秋)に悪化しやすい
・アレルゲン物質が原因として発生

ほてりや赤みが強い---
熱(ねつ)タイプ

 ストレスによるイライラ、食事の偏りや気温の上昇などが原因で体内に余分な熱がこもると、皮膚を刺激して炎症や痛みなどを引き起こします。悪化すると化膿することもあります。
【症状の特徴】
・ほてり(熱感)、赤み
・痛みを伴うかゆみ
・化膿しやすい、口が乾く
・便秘気味
・尿の色が濃い

ジュクジュクする---
湿タイプ

 体内の水分調整をする「脾胃」(消化器系)の機能が低下すると、「湿(しつ)」(余分な水分や汚れ)を上手く排泄することができなくなり、それが湿疹や水疱・皮膚のジュクジュクとして発生します。
 食事の不摂生や湿気の多い時季やそのような環境は、湿を発生させてしまいますので胃腸機能が弱い方はこのタイプの症状になりやすい。
【症状の特徴】
・ジュクジュクした症状
・水疱が見られる
・下半身に症状が出やすい
・慢性化しやすい
・軟便
・胃腸虚弱
・口のネバつき
・舌の苔が厚い

かゆみが強い---
燥(そう)タイプ

 体内の潤いは、皮膚を健やかに保つ大切な役割を担っています。その為、潤い不足で乾燥した状態が続くと、皮膚のバリア機能が低下して強いかゆみなどを引き起こします。
 病状が慢性化した状態の方や高齢者に多い乾燥性の皮膚掻痒症はこのタイプに属します。
【症状の特徴】
・乾燥
・強いかゆみ
・のど・鼻の粘膜の乾燥
・から咳
・便秘傾向
・高齢者
・慢性皮膚炎

主に使用される漢方薬(処方)

風(ふう)タイプ
 基本は発汗解表と呼ばれる方法で、悪いものをからだの外へ発散させることですが、風タイプは湿と熱が混在する「風湿熱」のタイプになりやすいので、風・湿・熱の病邪のそれぞれの強さの度合いにより、湿を除くものを多く加える方法や熱を冷ますものを多く加えるなどの工夫が必要です。
【代表処方】消風散・十味敗毒湯・治頭瘡一方・葛根湯

熱(ねつ)タイプ
 熱は主に炎症を意味しますので、炎症を抑える働きの清熱剤と化膿しやすいためそれを除く解毒剤とを組み合わせた、清熱解毒の働きの処方を使用します。
【代表処方】黄連解毒湯・荊芥連翹湯・五味消毒飲加減方・防風通聖散

湿(しつ)タイプ
 湿は水の汚れたものや濁ったもの、熱をもったものなどの物質的なもので、それを除くために利水・化湿・化痰といった方法を病状によって使い分けをします。
 脾胃の失調が根本的要因にあるため、健脾剤と共に使用するかそれらを含んだ処方を選択します
【代表処方】竜胆潟肝湯・温胆湯・参苓白朮散

燥(そう)タイプ
 高齢者に多く現れるタイプで、潤い不足が原因しています。高齢者の場合は、「腎陰虚(じんいんきょ)」が原因し、呼吸器系の疾患を伴う場合には「肺陰虚(はいいんきょ)」が原因しますので、「陰虚」を改善する「補陰剤(ほいんざい)」を選びます。
【代表処方】六味地黄丸・麦門冬湯・当帰飲子

 皮膚病は、1年を通じて同じ症状の方もいれば、季節ごとにその病変を変化させる場合もあります。4つのタイプに分けて説明いたしましたが、これらの枠にピタリと当てはまる方は少なく、それぞれが複雑に混在していますので、それらを見極めるためにも、漢方薬を服用している間の状況や処方を変更した場合の症状の違いなど、じっくりと相談していただくことが改善の近道です。
 みなみ野漢方薬局では、お悩みの症状を詳しくお伺いし、漢方薬を服用しての状況や季節的変動などの情報をしっかり分析し、体質改善の漢方薬を調合しています。お気軽にご相談ください。

 ステロイド軟膏について

 相談者にまず聞かれることは、「ステロイド軟膏」を使用してよいか、病院の薬と併用してよいかを尋ねられます。
 答えは、『使用して下さい・併用して下さい』とお伝えいたしております。
ステロイド剤に関して一時、マスコミの攻撃により、「使用すると悪化する、治らない、皮膚が黒くなる」といった情報が蔓延いたしました。ステロイド剤に限らず、対症療法だけでは病気を治すことはできません。
 ステロイドを使用し、その使用を心配しているお客様へ私がお伝えしているのは、『ステロイドはとても効果的なお薬です。そしてその使用する必要性は、患部の掻き傷による2次感染の防止、かゆみのストレスの解消、見た目の改善です』
とお伝えし必要性のある場合にはしっかりと使用していただきます。ただし、漠然と使用しているのであれば対症療法に浸ってしまっているだけなので、改善策やその使用方法について御指導させていただいております。
 病気は、からだの陰陽バランスの乱れで起こっていますので、治療にも陰陽(東西医療)のバランスの取れた治療が望ましいのではないでしょうか。

←皮膚病の基礎知識

Home / Shop info / Blog / F&Q